胃の役割・胃痛

胃痛とは

胃痛は胃液が大量に出てしまった時や胃の粘膜が薄くなってしまい、粘膜の炎症や胃の筋肉が痙攣することによって発生します。空腹時や食後に痛みを感じたり、飲みすぎや食べすぎた後の不快感や緊張などでストレスがたまると痛みを感じることがあります。特に空腹時や夜間に痛みが起こりやすいです。
睡眠不足の時や疲れている時、また元々胃が弱く消化力が弱い人に起こりやすいです。

胃痛は原因を見つけることが大切です。むやみに薬を服用しても症状が改善しないことがあるのと副作用が出る心配もあります。症状や原因に合わせて治療を行いましょう。痛みがなかなか引かない場合は病院で検査してもらうことをおすすめします。胃痛は内科胃腸科神経科で検査してもらうと良いでしょう

胃の役割・胃痛

胃痛になる原因

胃痛を治す方法

生理・妊娠の胃痛

胃痛から考えられる病気その1

胃痛から考えられる病気その2

胃痛から考えられる病気その3